くらし情報『ジェニファー・ロペス“5度目”の婚約 指輪も回を増すごとにグレードアップ』

2019年3月14日 11:49

ジェニファー・ロペス“5度目”の婚約 指輪も回を増すごとにグレードアップ

ビッグカップル“J-Rod”ことジェニファー・ロペス&アレックス・ロドリゲス


今月9日、「ニューヨーク・ヤンキース」の元スーパースター、アレックス・ロドリゲスとの婚約を発表したジェニファー・ロペス。巨大なダイヤの婚約指輪が早くも話題を集めているジェニファーだが、婚約指輪をもらうのはこれで5度目になる。そこで今回は、彼女の華やかな恋愛遍歴とともに過去に贈られた婚約指輪を振り返ってみたい。

ジェニファー・ロペスが人生初の婚約指輪をもらったのは1996年、当時マイアミのレストランでウェイターとして働いていたオジャニ・ノア(44)からだった。彼が贈ったのはマーキスカットの美しい指輪で、その価格は10万ドル相当(約1100万円)。2人は1997年2月にゴールインするも、わずか11か月で離婚した。のちにHテープの存在や暴露本執筆をネタに脅迫する元夫オジャニに対してジェニファーが訴訟を起こし、勝訴している。

2番目の婚約指輪は、ジェニファーのヒット曲『Love Don’t Cost a Thing』のMV撮影現場で知り合ったバックダンサー、クリス・ジャッド(49)から贈られた。彼が贈ったのはエメラルドカットの指輪で、こちらの価格も10万ドル以上だったと見られている。現婚約者アレックス・ロドリゲスが贈った指輪のいわば“ミニバージョン”だ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.