くらし情報『パリス・ジャクソン 「デタラメばかり!」自殺未遂説に続き居眠り運転疑惑に激怒』

2019年3月21日 11:10

パリス・ジャクソン 「デタラメばかり!」自殺未遂説に続き居眠り運転疑惑に激怒

「この1週間はノンストップでデタラメばかり」とパリス・ジャクソン


マイケル・ジャクソンの愛娘パリス・ジャクソン(20)は、現地時間16日に自殺未遂で病院に搬送されたと報じられたばかり。すぐさま自殺未遂説を否定したパリスであったが、今度はロサンゼルスで居眠り運転を疑われ、Twitterで「デタラメばかり」と猛反論を展開、怒りをあらわにしている。

今年1月に心身の健康のために治療施設に入所したと伝えられたパリス・ジャクソンが、現地時間3月16日に手首を切って病院に運ばれたと報じられた。自殺未遂の原因として、今月初めに放送された父マイケル・ジャクソンの性的虐待疑惑に迫るドキュメンタリー番組『Leaving Neverland』が関係していると伝えられたが、パリス本人はTwitterで「嘘つき野郎」と強く罵った。

そして現地時間17日、パリスが運転席に座り頰杖をついて目をつぶっている写真を『Daily Mail Online』が掲載した。パリスはまるで自分が居眠り運転をしていたかのような記事内容に、Twitterで怒りをぶつけた。

「ガソリンスタンドに駐車して、ボーイフレンドがガスを入れているのを待っている。お気に入りの曲を目を閉じて聴いている。パパラッチが写真を撮る時にズームするのよ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.