くらし情報『『名探偵コナン 世紀末の魔術師』20年経つも青山剛昌氏作画のラストシーンに 「最高」「感動」の声』

2019年3月24日 14:12

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』20年経つも青山剛昌氏作画のラストシーンに 「最高」「感動」の声

『名探偵コナン 世紀末の魔術師』に登場する怪盗キッド(画像は『アンク@金曜ロードSHOW!公式2019年3月22日付Twitter「さぁ、ショーの始まりだぜ!」』のスクリーンショット)


名探偵コナン』の劇場版第23弾となる最新作『紺青の拳(フィスト)』(4月12日公開)で、コナンのライバル・怪盗キッドが大活躍する。そのため復習の意味も込めて3月22日、日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』で怪盗キッドの劇場版デビュー作『名探偵コナン 世紀末の魔術師』が地上波放送された。劇場公開から20年が経つ今も多くのファンから愛される同作だが、なかでも何度観ても感動するのはあのラストシーンであったようだ。

名探偵コナン 世紀末の魔術師』が劇場公開されたのは1999年4月のことだが、それから約20年を経て画質は変化しているものの、息をつかせぬような展開で観るものを引き込む魅力は健在だった。場面によっては最近の『コナン』よりもキャラクターの表情が斬新で新鮮に感じられたほどである。

『アンク@金曜ロードSHOW!公式(kinro_ntv)ツイッター』で「原作の青山剛昌先生は、劇場版では“ここぞ”というシーンの原画を担当しています」と解説して「コナンくんが蘭に正体を明かそうか悩むラストシーン」を例に挙げている。

視聴者からも「ここのシーンすごくよかったです!綺麗でした!!2人の表情せつなかったです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.