くらし情報『中山咲月、性別を超えて「好きなものに突き進んでいく姿は美しい」』

2019年3月25日 13:33

中山咲月、性別を超えて「好きなものに突き進んでいく姿は美しい」

性別を超えた魅力を放つモデル・中山咲月


有村架純主演のドラマ『中学聖日記』(TBS)の登場人物、原口律(演:吉田羊)はバリバリと仕事をこなすキャリアウーマンだ。その原口はバイセクシャルでもあり、バーテンダー・青山更紗と親密な関係になる。その青山を演じたのが、メンズ服を美しく着こなすモデルの中山咲月(なかやま さつき)だ。出演シーンは多くはなかったものの存在感を示した中山は、13歳でモデルデビューしてから雑誌や広告で活躍している20歳。性別を超えた魅力を放つ中山が、動画の中で自身の性別や人生観について率直に語っている。

モード誌でモデルとして注目を集め、役者としても活動する中山咲月が出演する動画「We are BeauTiful.」は、中山がフリーマガジン「TOKYO VOICE」本誌で語った“重みをもって紡がれる言葉”や“アイデンティティと向き合う美しい生きざま”に、ワコールが共感し映像化したもの。3月11日よりWeb上で公開されているが、3月8日から3月17日まで渋谷スクランブル交差点大型街頭ビジョンや原宿表参道ビジョンでもオンエアされた。

渋谷・原宿・台場で見せたさまざまな表情の中山を映し出す動画は「中山咲月です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.