くらし情報『ソフトバンクホークス開幕戦 “ゆずのオープニングセレモニー~藤井フミヤの生歌唱”でコンプリート』

2019年3月30日 20:00

ソフトバンクホークス開幕戦 “ゆずのオープニングセレモニー~藤井フミヤの生歌唱”でコンプリート

ゆずオープニングセレモニー後もゲームを見守る北川悠仁(画像は『ゆず北川悠仁2019年3月30日付Instagram「#福岡ヤフオクドーム #ソフトバンク #開幕戦 #オープニングセレモニー #やりきりました」』のスクリーンショット)


プロ野球2019年シーズンが開幕した3月29日、福岡・ヤフオク!ドームでは「福岡ソフトバンクホークス×埼玉西武ライオンズ」による開幕戦が行われた。プレイボール前にフォークデュオ・ゆずがグラウンドでオープニングセレモニーのパフォーマンスを披露、スタンドを埋める観客や選手たちを魅了する。

北川悠仁岩沢厚治はアカペラで『栄光の架橋』を1フレーズ歌って空気を引き締めると、重厚な演奏に乗せてダンサーとともに『虹』を披露した。

『虹』(2009年9月)はCMタイアップをはじめ数々の場面で使われており、中居正広がまだSMAP在籍時に『ミュージックステーション』でゆずと共演した際「勇気をもらえるようで好きな曲。車の中でもよく聴いている」という趣旨を話していた。

ゆずのステージで雰囲気が盛り上がると、さらに歌手の平原綾香による『君が代』斉唱、福岡出身の女優・今田美桜による始球式と豪華な流れが続き、いよいよプレイボールとなった。

試合はソフトバンクの先発投手・千賀滉大が初球から自己最速の161キロを投げて沸かせ、打線では内野手“熱男”松田宣浩が2回に初打席でホームランを放ち1得点、自身の通算1500安打を達成する。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.