くらし情報『「我が子は発達障害、支援学級に行ってる」と知人に告白されたら…桜井奈々が自らの経験からアドバイス』

2019年4月8日 17:01

「我が子は発達障害、支援学級に行ってる」と知人に告白されたら…桜井奈々が自らの経験からアドバイス

自身の経験を踏まえてアドバイスした桜井奈々さん(画像は『桜井奈々2019年4月8日付オフィシャルブログ「障害のカミングアウトをされた時」』のスクリーンショット)


料理研究家の桜井奈々さんがブログで、友人や知人から「我が子は発達障害があって、支援学級に行ってる」と告白された時の対応について述べている。桜井さんにも支援学級へ通う中学2年生の長女がおり、自身の経験を踏まえてのアドバイスだ。

桜井奈々さんの長女には発達障害があり、小学校までは普通学級、中学校から支援学級で学んでいる。『桜井奈々オフィシャルブログ「NANA色ゆめ日記」』には、毎日の家庭料理や見た目が可愛らしいお弁当のレシピ、そして子供たちとの日常が綴られており、同世代の子育てママから高い支持を得ている。

そんな彼女が8日に「障害のカミングアウトをされた時」と題してブログを更新し、まずは「どういうことを言われると傷つくか」について明かしている。

過去に桜井さんは「障害があったって働いたりしたり、結婚したりしてる人いるし!大丈夫だよ!」とさらっと言われ、どうしようもなく落ち込んだことがあったそうだ。相手は悪気が無く、励まそうとして発した言葉だと分かっていても「じゃー!あなたが会社の社長でも雇う?!」「じゃー!あなたの子供が知的遅れともなう障害ある人と結婚するってなって、心から迷わず賛成できる?!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.