くらし情報『霜降り明星・粗品 “天狗”と描かれ 「悪意えぐ過ぎるやろ」』

2019年4月9日 16:55

霜降り明星・粗品 “天狗”と描かれ 「悪意えぐ過ぎるやろ」

だったのだ。よく見ると、粗品がツッコミのときにする手の平を上に向けたポーズもしっかり描かれているのが分かる。これに粗品本人が8日、ツイッターで「色んな芸人がお化けや妖怪に扮してる中、俺が天狗なん悪意えぐ過ぎるやろ誰がやねん」とツイート。「天狗」として描かれたのは偶然ではなく悪意ではないかとほのめかした。ちなみに隣のせいやは愛嬌のある顔に描かれており「犬」のように見える。

これにファンは「みんな可愛いのに、1人だけガチ(笑)」「せめて河童ですよね」「でもこの天狗、粗品さんに似てますねえ!」という感想や、「『M-1、R-1ぐらんぷりで優勝して天狗になるなよ』という吉本からのお告げなのかもしれないですね…」「上沼恵美子さんも『天狗にならんように』『文春砲に気を付けて』とアドバイスされてました」といった返信も見受けられた。「全然天狗になってるとは思わないんで安心してください笑」というコメントもあったが、4月からは冠番組『霜降りバラエティ』(テレビ朝日系)、『霜降り明星のオールナイトニッポン0(ZERO)』(ニッポン放送)もスタートして乗りに乗っている2人。周囲が心配している「天狗」の件は杞憂に終わったとしばらくしてから分かるかもしれない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.