くらし情報『WWEカイリ・セイン&アスカに世界から 「タッグを組むべき」の声』

2019年4月9日 17:40

WWEカイリ・セイン&アスカに世界から 「タッグを組むべき」の声

アスカとカイリ・セイン(画像は『KairiSaneWWE2019年4月8日付Instagram「#wrestlemania #wrestlemania35」』のスクリーンショット)


WWEが主催する世界最大のプロレスイベント『レッスルマニア第35回大会』が4月7日、米ニュージャージー州イーストラザフォード・メットライフスタジアムで開催された。女子バトルロイヤル戦にはナオミ、カーメラ、ソーニャ・デビル、サラ・ローガンなど錚々たる顔ぶれのなか日本人レスラーのアスカとカイリ・セインも参戦している。

ASUKA(アスカ)は日本の女子プロレス団体「AtoZ」に所属して「華名」のリングネームでデビューする。その後、活躍しながらフリー転向を経て2015年9月8日にWWEと契約したことを発表、12日にリングネームを「ASUKA」とした。

2018年12月16日にはWWE・スマックダウン女子王座に輝くが、今年の3月26日にシャーロット・フレアーから奪取され、4月7日にはベッキー・リンチが女子王者となった。

カイリ・セインは2011年に日本の女子プロレス団体「スターダム」の練習生となり「宝城カイリ」として活躍するが、2017年6月30日にWWEと契約して「カイリ・セイン」のリングネームで活動すると発表した。

2018年8月18日にはNXT女子王座をシェイナ・ベイズラーから奪取するが、10月28日にシェイナ・ベイズラーとの再戦で敗れ王座を奪われている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.