くらし情報『SUGIZO “hide”と“忌野清志郎”を偲び「今を生きることを許された命に感謝」』

2019年5月3日 20:45

SUGIZO “hide”と“忌野清志郎”を偲び「今を生きることを許された命に感謝」

SUGIZOと安彦良和さん(画像は『SUGIZO2019年4月28日付Instagram「CUT2019年6月号にて安彦良和先生と対談!!」』のスクリーンショット)


X JAPANのギタリスト「HIDE」として知られるミュージシャン・hideが亡くなったのは1998年5月2日、RCサクセションをはじめ数々のバンドを率いて「ザ・キング・オブ・ロック」の異名を持つ忌野清志郎は2009年5月2日に亡くなった。奇しくも同じ命日である。LUNA SEAのギタリスト・SUGIZOは2008年3月に東京ドームで行われたX JAPAN復活ライブでサポートギタリストとしてHIDEのパートを担当、2009年5月からX JAPANの正式メンバーとなった。

SUGIZOが5月2日、自身のTwitterで「大好きだったHIDEさんが旅立って21年、大リスペクトしていた清志郎さんが旅立って10年」と2人の偉大なロックミュージシャンを偲んでいる。

彼は続けて「今尚俺はこの世界という苦行に中に這いつくばっていて、そして時代は令和となって。あの2人に会いたい…。心から2人へ鎮魂の祈りを。そして今を生きることを許された命、感謝を持って全うしていかなきゃ」とつぶやいた。

幼少時にバイオリンを習いクラシックから音楽に興味を持ったSUGIZOは、中学時代にYMOとジャパンとRCサクセションを知ってロックに目覚めた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.