くらし情報『キンプリ永瀬廉「もう一回言って」 神宮寺勇太から映画初主演に「華やかな空気になる」と褒められて』

2019年5月18日 16:13

キンプリ永瀬廉「もう一回言って」 神宮寺勇太から映画初主演に「華やかな空気になる」と褒められて

映画の見どころを絵で表現した永瀬廉と神宮寺勇太


ジャニーズの若手人気グループ「King & Prince」の永瀬廉神宮寺勇太が18日、都内劇場で開催された映画『うちの執事が言うことには』(5月17日公開)の公開記念舞台挨拶に登場した。シリーズ累計発行部数110万部を超える大人気ミステリー小説『うちの執事が言うことには』を実写化したこの映画で、永瀬は名門・烏丸家27代目当主の烏丸花穎として映画初主演を務める。神宮寺は大学生で起業家、パティスリーオーナーの赤目刻弥役で、俳優・清原翔が烏丸家の新執事・衣更月蒼馬役だ。他に優希美青神尾楓珠、久万真路監督も登壇して和やかな舞台挨拶を盛り上げた。

まず全国の劇場で同時生中継されていた舞台挨拶を観ているファンに「やほー」と笑顔で手を振る永瀬廉神宮寺勇太。永瀬は「そこまで経験がない中での初主演なので、スタッフや共演者の皆さん、監督に助けられながらやってきた。人間のあったかさを感じた」と持ち前の関西弁で感謝。そんな主演俳優・永瀬について、清原翔は「永瀬廉自体が人を巻き込む力を持っている」と印象を語ると、永瀬は「もう一回言って」「ここニュースのトップでお願いします」とリクエスト、清原も「ちゃんと『清原が言った』って書いてください」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.