くらし情報『HKT48田中美久“白蛇”を首に巻く 顔を引きつらせる姿に渡辺美優紀「蛇になりたいな」』

2019年5月20日 11:00

HKT48田中美久“白蛇”を首に巻く 顔を引きつらせる姿に渡辺美優紀「蛇になりたいな」

白蛇を首に巻いて固まる田中美久(画像は『田中美久2019年5月18日付Twitter「むかしむかし、、その昔。。」』のスクリーンショット)


HKT48田中美久は2001年(平成13年)9月12日生まれの17歳、「巳年」である。その彼女が5月18日にTwitterで「#白蛇 #金運上がるらしい #巳年女」のタグとともに、本物の白蛇を首に巻く姿を投稿した。

田中美久は覚えていないほど小さかった頃に蛇を首に巻いたことがあるようで、「けど、、けども、、私の中では記憶上初めて…蛇を首に巻いたよ!!!!!!!!白蛇やばいよ!!!!!」という心の叫びが表情から伝わってくる。

そんな田中美久の投稿に元NMB48渡辺美優紀が「みくりんに巻きついてる蛇になりたいな」とコメントしたから、田中も「ええええ!みるきーさんそんな、、」と動揺を隠せない。

“みるきー”こと渡辺美優紀からはバラエティ番組『AKBINGO!』絡みで“みくきー”呼びを公認され、「みるきーさん大好きです」と歓喜していた田中美久。今回は苦手な「白蛇」をいじられて、さすがに複雑な気持ちになったようだ。

ちなみに熊本県出身の田中美久は地元に貢献する活動が多く、5月14日には『2019女子ハンドボール世界選手権大会』を応援する「くまモンハンド部」のマネージャーに就任した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.