くらし情報『キャサリン妃、自らデザインした庭園をエリザベス女王にお披露目』

2019年5月22日 12:50

キャサリン妃、自らデザインした庭園をエリザベス女王にお披露目

エリザベス女王を案内するウィリアム王子とキャサリン妃(画像は『Kensington Palace2019年5月20日付Instagram「Today The Duchess of Cambridge welcomed Her Majesty The Queen to her #RHSChelsea Back to Nature Garden.」』のスクリーンショット)


英国内で最も権威のあるフラワーショーとして知られる「チェルシー・フラワー・ショー」が現地時間21日に開幕した。エリザベス女王が開幕前日に会場へ姿を見せると、キャサリン妃は自身のデザインした庭園を夫ウィリアム王子とともに案内、珍しいスリーショットが注目を集めた。

現地時間21日にロンドンの「ロイヤル・ホスピタル・チェルシー」にて「チェルシー・フラワー・ショー」が開幕した。毎年同ショーを楽しみにしているエリザベス女王だが、今年はガーデンデザイナーや王立園芸協会(Royal Horticultural Society)とコラボした“バック・トゥ・ネイチャー”ガーデンを手がけたキャサリン妃が、夫ウィリアム王子とともに女王をエスコートした。

この日のテーマにふさわしく、ともにフローラルプリントのドレスをチョイスしたエリザベス女王とキャサリン妃。夫妻は会場に到着した女王の両ほほにキスを、またキャサリン妃は片膝を曲げお辞儀をし女王へ尊敬の念を表した。

「幼少期に自然とふれあい健やかな心の発育を促すことが、幸せで健康な大人への基盤となる」と考えるキャサリン妃は、ガーデンデザインにもそのコンセプトを反映させ、ツリーハウスやブランコなど幼い子供達がワクワクする仕掛けを随所に施している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.