くらし情報『霜降り明星・粗品、虫のおもちゃに悲鳴 「完全に女子」「ギャップ萌え」でファン増加?』

2019年5月25日 18:28

霜降り明星・粗品、虫のおもちゃに悲鳴 「完全に女子」「ギャップ萌え」でファン増加?

ビビリすぎる粗品に視聴者驚く


お笑いコンビ・霜降り明星の粗品が、『M-1グランプリ』『R-1ぐらんぷり』に続き、『アメトーーーーク2時間SP』(テレビ朝日系』の「ビビリ-1グランプリ」でチャンピオンになった。同番組のMCで、吉本の大先輩である雨上がり決死隊宮迫博之から「20代でこの三冠はすごい!」と褒められるも、粗品は「(M-1、R-1と)一緒にするのは…」と複雑な表情を見せていた。

アメトーーク!』の大人気企画「ビビリ-1グランプリ」では、昨年から40メートルの特製ビビリロードに複数のトラップが仕掛けてある“ビビリロード選手権”を新設。一番数多くの箇所で叫び声をあげた中丸雄一KAT-TUN)が、初代・ビビリ王に輝いた。

今回はお笑い界のビビリ代表の千原ジュニア藤本敏史(FUJIWARA)、狩野英孝とディフェンディングチャンピオンの中丸、そして新メンバーオーデションで選ばれた霜降り明星の2人と亜生(ミキ)を加えたメンバーで、“ビビリロード選手権”が行われた。そして9箇所のトラップのうち8箇所で叫び声をあげた粗品が見事、第2代・ビビリ王となったのだ。

長身で目付きが鋭くいつも冷静なイメージの粗品が、ちょっとのことでビクッとするビビリであったことは意外だという声が多い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.