くらし情報『宮本亜門氏、前立腺全摘出手術経て退院を報告 「61歳で死が身近にある事を知りました」』

2019年6月1日 15:18

宮本亜門氏、前立腺全摘出手術経て退院を報告 「61歳で死が身近にある事を知りました」

「僕の人生で最も貴重な時間を過ごさせて頂きました」と宮本亜門氏(画像は『宮本亜門2019年6月1日付Twitter「退院しました。」』のスクリーンショット)


演出家の宮本亜門氏が6月1日、ツイッターで退院したことを報告した。宮本氏は今年2月に健康番組の企画で受けた人間ドックで前立腺に腫瘍が見つかり、精密検査でステージ2の前立腺がんであることが判明。これを受けて4月に会見を行い、5月下旬に前立腺の全摘出手術を受けることを公表していた。

1日の『宮本亜門 amonmiyamoto ツイッター』には、帰り支度をして明るい表情の宮本亜門氏の姿がある。彼は「がむしゃらに生きてきた僕は、改めて61歳の肉体の事、死が身近にある事を知りました」と明かし、入院生活は人生で大変貴重な時間だったと綴っている。そして「ここまで来れたのは皆さんのお陰です」と、応援してくれた大勢のファンに感謝の気持ちを伝えた。また退院前日の姿もツイッターに投稿しているが、病室でオペラ『蝶々夫人』の打ち合わせをする彼の表情はすでに演出家の顔であり、いきいきとしている。

フォロワーからは、「退院おめでとうございます!」「お元気な笑顔で何よりです」「これからのご活躍がますます楽しみです」「朝から嬉しいニュースでとても嬉しい」「これからも素敵な作品を!応援しております」と退院を喜ぶ声が多数寄せられている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.