くらし情報『NGT48問題 地元新潟では徹底追及の様相「再スタート簡単ではない」』

2019年6月3日 16:31

NGT48問題 地元新潟では徹底追及の様相「再スタート簡単ではない」

NGT48を卒業した長谷川玲奈、山口真帆、菅原りこ(画像は『official_NGT482019年5月18日付Twitter「本日、『「太陽は何度でも」公演~菅原りこ・長谷川玲奈・山口真帆 卒業公演~』が行われました。」』のスクリーンショット)


NGT48在籍時の山口真帆が昨年12月に自宅マンション前で男たちに暴行を受けた事件を巡り、NGT48が本拠地とする新潟では経済や社会的イメージに大きな影響が出ている。5月31日にはNHK新潟『金よう夜 きらっと新潟』で「近すぎたアイドル~岐路に立つNGT48~」と題してその問題に斬り込んだ。

5月18日にはNGT48劇場で菅原りこ長谷川玲奈山口真帆の卒業公演が行われ、山口は「もうここには私がアイドルをできる居場所はなくなってしまいました」と実情を訴えた。NGT48での活動を終えて菅原は歌手、長谷川は声優、山口は芸能事務所の研音に所属とそれぞれの道を進むことになる。

一方、運営するAKSはNGT48のチーム制を解体して「1期生」「研究生」による再スタートを目指す。そんななか早川麻依NGT48劇場支配人が5月25日にTwitterアカウントを開設、「メンバーを預かる支配人として、違うことは違うと、NGT48のメンバーのために発信していきたいと思います」などツイートを始めて賛否を呼んでいる。

そういう状況ではあるが、山口真帆の研音所属により全国版のメディアでNGT48問題について取り上げることが少なくなってきた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.