くらし情報『松本人志、関西人でも“遠慮のかたまり”を知らず 東野幸治「育ちが悪いから…」』

2019年6月9日 19:55

松本人志、関西人でも“遠慮のかたまり”を知らず 東野幸治「育ちが悪いから…」

東野幸治“遠慮のかたまり”を知らなかった松本人志に…


9日放送のフジテレビ系『ワイドナショー』にて、「関西以外の人には理解し難い関西弁ランキング」(出典:gooランキング)が紹介された。その第7位だった“遠慮のかたまり”という言葉に、スタジオ内だけでなくツイッター上でも「遠慮のかたまりって関西弁なんかー!!」「標準語だと思っていた」と大騒ぎになったのだ。

“遠慮のかたまり”とは「最後の残った1個」とフリップで説明していたが、神奈川県出身の石原良純は「あれ何?“遠慮のかたまり”って」と全く知らなかったようだ。彼の横に座っていた同番組初登場のファーストサマーウイカ(大阪府出身)は、標準語だと思っていたらしく目を丸くして驚く。大皿に残った最後の1個を「“遠慮のかたまり”誰か、早よ食べ~」と年長者が若い子に勧めたりすることを彼女が説明すると、「そういう風に使うんだ」とやっと石原は納得した様子だ。兵庫県出身の佐々木恭子アナも標準語だと思っていたそうだ。

意外だったのは、兵庫県尼崎市で生まれ育った松本人志ダウンタウン)が「俺もわからん」とキョトンとしていたことである。するとMCの東野幸治が「育ちが悪いから、わからない」と笑い、「松本さんの場合、お腹減らした人らが奪い合って食べるから、“遠慮のかたまり”が存在しない」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.