くらし情報『オードリー若林『たりないふたり』時代を振り返る 「ダメだよ~若林くん」山里が追いかけて来た理由』

2019年6月10日 14:00

オードリー若林『たりないふたり』時代を振り返る 「ダメだよ~若林くん」山里が追いかけて来た理由

若林、山里の“ジェントルマン”ぶりも明かす


お笑いコンビ・オードリー若林正恭がラジオ番組で、南海キャンディーズ山里亮太と漫才やコントを披露したバラエティ番組『たりないふたり』(2012年)を振り返った。この時期の山里は仕事一筋でラジオのリスナーのためにも結婚は考えず、ひたすら芸に打ち込んでいたという。明け方までネタの打ち合わせをし“反省ノート”を持って帰って行く―そんな山里の後ろ姿が、若林は忘れられないそうだ。

8日深夜放送のラジオ番組『オードリーのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で若林正恭が明かしたところによると、女性と付き合うどころでは無かった『たりないふたり』時代でも山里亮太は女性に優しい“紳士”だったという。一方の若林は、今はそうでもないがかつて「女性=自分のことを否定してくる人」と思い込んでおり、女性には不信感でいっぱいだった。こんな卑屈な感情を持っていれば恋人などできるはずもなく、同じ“モテない”キャラでも山里とは根本的に“女性に対する姿勢”が違っていたと語る。

たとえば『たりないふたり』が放送されていた頃は、CanCamやJJといった女性ファッション雑誌から取材を受けることがあった。その場で雑誌付録のポーチをプレゼントされたのだが、「要らねぇわ」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.