くらし情報『山田菜々 “老後に2000万円不足”年金問題を「ちゃんときいて考えたら将来こわいよ!」』

2019年6月14日 16:52

山田菜々 “老後に2000万円不足”年金問題を「ちゃんときいて考えたら将来こわいよ!」

山田菜々:元NMB48、よしもとshowtitle所属(画像は『山田菜々2019年6月11日付Instagram「ステキな服を着るとテンションも自然と上がるものです」』のスクリーンショット)


タレントの山田菜々(27)が6月11日放送のAbemaTV『AbemaPrime』に出演した。この日、金融庁の年金に関する「老後資金の不足額が2000万円になる」とした報告書に麻生財務大臣が「正式な報告書として受け取らない」との見解を示しており、番組の討論では「年金の信頼性」が主なテーマとなった。

山田菜々は以前から母親に「年金はもらえないものだと思いなさい」と言われてきたことを明かし、将来に不安はあるが年金はあてにしていないという。

共演した識者や専門家たちからは「年金に期待している若者はいるのか?老後の30年間を年金だけで生活することが現実的ではないと思う」、「官房副長官時代の安倍総理と雑談した際に『年金制度は破綻しない、なぜなら払い込む人がいるので額を減らせば持つ』と話していたが、生活ができなくなったら破綻ではないのか」などの趣旨で発言があった。

そんななか元大蔵官僚で嘉悦大学教授の高橋洋一氏は、報告書について「金融庁の職員は財務省から行っている人が多く、10月から消費税を上げるかどうかというタイミングだけに『年金は危ない。だから増税』というトーンを感じた」という。

さらに「役所は資産運用しなさいとは言わないものだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.