くらし情報『ヘンリー王子&メーガン妃夫妻、英国出身の女性ナニーを雇う』

2019年6月15日 14:24

ヘンリー王子&メーガン妃夫妻、英国出身の女性ナニーを雇う

ヘンリー王子夫妻、アーチーくん誕生2日後のお披露目にて(画像は『The Duke and Duchess of Sussex2019年5月8日付Instagram「Today The Duke and Duchess of Sussex are delighted to share their first public moment as a family.」』のスクリーンショット)


先月に待望の第1子が誕生し、一体どんなナニーを雇うのかに注目が集まっていた英王室のヘンリー王子とメーガン妃。このほど英米の複数のメディアが、夫妻は英国出身の女性ナニーを雇ったことを伝えている。

一時的に子供を預かって身の回りの世話をするベビーシッターとは異なり、子供のしつけや人格形成に深く関わるナニーは英国で広く認められた職業である。ウィリアム王子キャサリン妃は、国内のエリートナニー養成学校を卒業したマリア・ボラロさんのサポートを得ながらジョージ王子、シャーロット王女、ルイ王子を育てている。「リアル・メリー・ポピンズ」の呼び声も高いマリアさんはスペイン出身の40代で、一家が暮らすケンジントン宮殿に住み込みで常駐している。普段はジョージ王子とシャーロット王女にスペイン語を教えたり、海外公務に同行するなど夫妻が絶大な信頼を寄せる人物だ。

一方、そのファッションや言動が「掟破り」「セレブ気取り」などと揶揄されることの多いメーガン妃は、マリア・ボラロさんのようなエリートナニーを採用するのか、それとも旧来のしきたりを破りハリウッドセレブのように“マニー”(男性のナニーで、manとnannyを組み合わせた造語)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.