くらし情報『『いだてん』最近の展開に佐久間宣行プロデューサー「どんどんすげードラマになってる」』

2019年6月16日 13:55

『いだてん』最近の展開に佐久間宣行プロデューサー「どんどんすげードラマになってる」

中村勘九郎、黒島結菜、板尾創路(画像は『板尾創路2019年3月20日付Twitter「NHK大河ドラマいだてん 昨夜オールアップしました」』のスクリーンショット)


NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』は、日本人初のオリンピック選手で「日本のマラソンの父」と呼ばれる金栗四三(中村勘九郎)を主人公とする第1部が佳境を迎えている。そんななかテレビ東京のバラエティ番組『ゴッドタン』や『テレ東音楽祭』を手がける佐久間宣行プロデューサーが、6月10日にTwitterで『いだてん』の感想をつぶやいた。

彼が「ここ最近のいだてん、楽しくて面白いのに毎話最後に泣けてくるんだよな」というのは、中村勘九郎演じる金栗四三がアントワープオリンピックを終えてからの展開だろう。

アントワープオリンピックで誓いの金メダルを獲れず、失意のなかベルリンを放浪していた四三は、現地の女性たちがやり投げや短距離走など陸上競技を楽しむ姿を目の当たりにする。帰国した彼は「日本も女性のスポーツを広めるべき」と主張して東京府立第二高等女学校の教師になり、村田富江黒島結菜)をはじめ女学生たちにスポーツを薦めるが、当初は反発されてしまう。

しかし、四三の熱意に動かされた彼女たちはスポーツの面白さに目覚め、特に富江は才能を開花させて活躍する。だが、女子スポーツ大会のハードル走競技で靴下を脱いで生足を見せて走ったことが問題視され、父親・村田大作板尾創路

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.