くらし情報『ゆず・北川悠仁、綾瀬はるかと“トーチキス” 「音楽を通して聖火ランナー盛り上げたい」』

2019年6月17日 13:38

ゆず・北川悠仁、綾瀬はるかと“トーチキス” 「音楽を通して聖火ランナー盛り上げたい」

トーチキスを披露した北川悠仁と綾瀬はるか


フォークデュオ・ゆず(北川悠仁岩沢厚治)の2人が、女優・綾瀬はるか、ロバートの秋山竜次、そして陸上男子の桐生祥秀選手と17日、都内にて開催された『日本生命東京2020オリンピック聖火ランナー募集記者発表会』に登場した。登壇者5名は「チームニッセイ」として聖火リレーを盛り上げていくが、それぞれ自分が聖火ランナーになるとしたら、誰に何を伝えるかを発表するなどトークを繰り広げた。

東京2020オリンピック聖火リレー プレゼンティング・パートナーの日本生命が、6月24日から8月31日まで「大切な絆を、つなげよう。」をテーマに日本全国から大切な人に伝えたい想いを持つ聖火ランナーを募集する。同日から綾瀬はるかが出演する募集CMが放映されるが、そのCMに起用されたのがゆずの楽曲『SEIMEI』だ。「ゆずのリーダー、北川悠仁です」「サブリーダーの岩沢厚治です」と自己紹介してから、北川は「僕たちゆずは全国を弾き語りでドームツアーをやっていまして、そのドームツアーに向けて書いた曲です。“大切な絆をつないでいく”というテーマと合致しまして、CMに使っていただけることが決まりました」と経緯を語った。

2016年リオデジャネイロオリンピック4×100mリレー銀メダリストで、陸上男子100メートルの日本記録9秒98を持つ桐生祥秀選手は、試合前にゆずの『栄光の架橋』を必ず聴くことを明かした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.