くらし情報『『いだてん』関東大震災で行方不明 “シマ役”杉咲花に「生きていて」の声』

2019年6月17日 12:50

『いだてん』関東大震災で行方不明 “シマ役”杉咲花に「生きていて」の声

『いだてん』でシマ役を演じる杉咲花(画像は『杉咲花2019年6月16日付Instagram「大河ドラマいだてん、是非ご覧ください。」』のスクリーンショット)


NHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺~』第23回「大地」が6月16日に放送された。冒頭は、前回の続きで東京女子高等師範学校の生徒・村田富江黒島結菜)たちが教師・金栗四三(中村勘九郎)の不当解雇を阻止しようと教室に立てこもった場面から始まった。

「女はスポーツなどやらないでよろしい」と主張する富江の父村田大作板尾創路)の言葉に反発した教師・シマ(杉咲花)は、大作に富江と100m走で対決してはどうかと提案する。その妙案によって金栗先生は辞めずに済むのだ。

スカッと胸がすく展開から一変、1923年(大正12年)9月1日11時58分頃に起きた関東大震災の描写は衝撃だった。倒壊した家屋から火災が発生、特に浅草では逃げ惑う人々が火をよけようと川に飛び込んで折り重なり悲惨な事態になったという。

後の古今亭志ん生ビートたけし)である孝蔵(森山未來)が高台から炎に包まれる東京を見下ろす場面には、阪神・淡路大震災での火災や東日本大震災で津波にのまれる街の光景が重なる。

金栗四三は浅草に出かけたまま戻らぬシマを探して回るが見つからず、シマの夫・増野(柄本佑)は幼い娘りくをおぶって途方に暮れ「もう諦めないといけないのでしょうか」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.