くらし情報『岩井志麻子「手首切るブスみたいなもの」発言巡るカンテレの対応は妥当か?』

2019年6月19日 14:52

岩井志麻子「手首切るブスみたいなもの」発言巡るカンテレの対応は妥当か?

過激な発言も多い岩井志麻子だが…


作家でタレントの岩井志麻子が、5月18日に放送された関西テレビのバラエティ番組『胸いっぱいサミット!』のなかで韓国人の気質について聞かれ「手首切るブスみたいなもんなんですよ」とたとえた。関西テレビ(カンテレ)はそうした発言に対して視聴者から複数の批判的意見が寄せられたことを明かし、6月18日に「この表現をそのまま放送したことは適切な判断ではなかった」と謝罪した。

5月18日にオンエアされたのは収録で、韓国の文喜相国会議長が今年2月に天皇陛下(現上皇さま)が謝罪すれば慰安婦問題が解決すると発言しながら、5月の代替わりでは祝電を送ったという報道についてトークした場面でのことだ。

岩井志麻子の夫は韓国人なので、進行のハイヒール・リンゴが「韓国人気質は分かる?」と振り、岩井が「とにかく“手首切るブス”みたいなもんなんですよ。手首を切るブスという風に考えておけばだいたい片付く」と話したところ笑いが起きた。

さらに岩井は“手首切るブス”が「来てくれなきゃ死んじゃうから、死んだらあんたのせいだから」と迫っても中国や北朝鮮は「死ねば」と冷たいが、日本は「そんなこと言うなよ、お前のこと好きなんや」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.