くらし情報『吉沢亮、驚愕モテ伝説にイケメン自認も「僕的にはギャグ」 コンプレックスは「特になし」』

2019年6月24日 14:25

吉沢亮、驚愕モテ伝説にイケメン自認も「僕的にはギャグ」 コンプレックスは「特になし」

「国宝級イケメン」殿堂入りの吉沢亮


女性向けファッション雑誌『ViVi』で2018年下半期「国宝級イケメンランキング」で1位に輝き、殿堂入りとなった俳優・吉沢亮(25)。映画『銀魂』『ママレード・ボーイ』や公開中の話題の映画『キングダム』、ドラマでは日本テレビ『サバイバル・ウェディング』、NHK朝のテレビ小説『なつぞら』などドラマや映画に引っ張りだこの人気だが、この人気は学生時代からだったようだ。驚愕のモテエピソードを披露している吉沢だが一方で、「“モテキャラ”を演じている」ともとれる発言をしている。

24日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に吉沢亮がVTR出演。「イケメンすぎて困ったこと」を聞かれた吉沢は「別に困ることはないですよ。ありがたいことしかないです」と素直に回答した。さらに「その自信はどこから?」と尋ねられて「自信っていうか、僕的にはギャグで言っているつもりなんですけど、たまにそうやって真面目に受け取られると、ちょっと僕としても恥ずかしい」と照れ笑いを浮かべた。

イケメンだと自ら認めているのは“ギャグ”だという吉沢だが、これまでに「国宝級イケメン」に殿堂入りしたり、『結婚したい男性俳優』『抱かれたい芸能人』などに上位でランクインする人気ぶりで、仰天モテエピソードをTV番組でも披露しているため、ギャグだとは受け取られない可能性が高そうだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.