くらし情報『宮迫博之、誰よりも成功望んだ後輩・ガリットチュウ福島を道連れにした功罪』

2019年6月25日 18:51

宮迫博之、誰よりも成功望んだ後輩・ガリットチュウ福島を道連れにした功罪

後輩・福島善成の謝罪コメントに、宮迫博之は何を思うのか


1999年に芸人として活動を始めてから長い下積み時代を経て、昨年やっとものまね芸でブレイクを果たした福島善成ガリットチュウ)。宮迫博之雨上がり決死隊)はそんな福島を大変可愛がっており、40代に入りやっと日の目を見た後輩の活躍を誰よりも喜んでいた。しかし2014年に行われた詐欺グループの会合に事務所を通さない”闇営業“で参加し金銭を受け取ったとして、参加者の一人だった福島は宮迫と共に所属する吉本興業から当面の間の活動停止という謹慎処分が科せられた。

福島善成に注目が集まり始めたのは2017年7月、松居一代が動画を次々と公開したいわゆる“松居劇場”が世間を騒がしていた頃である。この騒動に便乗する形で、福島は「一代。笑ってよ。」、「一代。一緒に歌おう。ほら。」と十八番の船越英一郎のものまね写真を次々とインスタグラムに投稿した。するとイベントやテレビ番組に呼ばれる機会が徐々に増え始め、新作として発表したダレノガレ明美貴乃花光司氏のものまねも大人気に。そして2018年にはバラエティ番組に欠かせない存在になるほどブレイクしたのだ。

この福島の活躍を心から喜んでいたのが他の誰でもない宮迫博之だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.