くらし情報『ダコタ・ローズ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』でゾンビ役 番組公式「おかげで世界に通用するホラーに」』

2019年6月26日 10:50

ダコタ・ローズ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』でゾンビ役 番組公式「おかげで世界に通用するホラーに」

ダコタ・ローズの新プロフィール写真(画像は『ダコタローズ2018年12月9日付Instagram「ぬぉ?こんばんは!新しいプロフィール写真です」』のスクリーンショット)


小芝風花主演によるテレビ朝日系スペシャルドラマ『ラッパーに噛まれたらラッパーになるドラマ』(7月12日・13日、2夜連続放送)にダコタ・ローズがゾンビ役で出演することが分かった。彼女が6月24日、自身のTwitterで「大好きなゾンビとして出させていただきました!結構怖い姿でしたお楽しみに!」と告知している。

本作は漫画家・インカ帝国さんの『ラッパーに噛まれたらラッパーになる漫画』をもとに実写化したコメディーホラーで、人々が謎のウイルスで突如ラッパーゾンビ化してしまった終末的世界を舞台に、行方不明になった兄を見つけるため立ちはだかる強敵に挑む主人公・みのりと父の姿を描く。

ラップへの理解を深めながらサバイバルに身を投じていくヒロイン・稲穂みのり役を小芝風花が演じるほか、トリンドル玲奈萩原利久井本彩花佐藤寛太劇団EXILE)、ブラザートム片山萌美奥山かずさ入江雅人などがキャストに発表されており、さらにダコタ・ローズが加わる。

そのダコタ・ローズが「ゾンビになる途中のメイクまだまだ怖くない状態です笑」と特殊メイクを施す動画を投稿したところ、「似合う!!」、「ゾンビでも可愛いです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.