くらし情報『大島優子&川口春奈、ショートカット&制服ショットに「10代みたい」「似合ってる!」の声』

2019年7月8日 12:50

大島優子&川口春奈、ショートカット&制服ショットに「10代みたい」「似合ってる!」の声

『教場』で生徒役の大島優子と川口春奈(画像は『Yuko Oshima2019年7月7日付Instagram「七夕は残念ながら雨模様」』のスクリーンショット)


ドラマや映画、CMなどで活躍する大島優子川口春奈の2ショットが7日に公開された。2人は2020年新春二夜連続放送予定のフジテレビ開局60周年特別企画『教場』で警察学校の生徒を演じる。ドラマのためにショートカットにして制服を着た2人に「10代みたい」「ショート似合ってる!」などの声が寄せられている。

2013年のミステリー界の大注目作『教場』(長岡弘樹著)が初めて映像化される。主演の木村拓哉が常に冷静で厳しいカリスマ教官を演じ、その生徒役には工藤阿須加川口春奈林遣都葵わかな三浦翔平大島優子らが顔をそろえた。大島は姉御肌の元インテリアコーディネーターの楠本しのぶ役で、川口は美人で自信過剰な菱沼羽津希役だ。

7日、大島優子は「#教場#川口春奈ちゃん」と撮影現場のオフショットと思われる2ショットを投稿。川口は両手でピースサインを作っている。大島は「#この方面白すぎ#いつも笑わせてくれる#そしていつも可愛い#みとれてしまう」とも添えており、冷酷無比な教官のもと過酷なトレーニングに明け暮れる生徒役を演じるなかで、川口の存在が癒しになっているようだ。

6月27日のインスタグラムには「楠本しのぶ役として、警察学校で奮闘し彼女の葛藤、心の成長を表現できるようがんばります!!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.