くらし情報『藤井フミヤが語った猿岩石『白い雲のように』のエピソードから『あな番』に繋がる』

2019年7月11日 11:50

藤井フミヤが語った猿岩石『白い雲のように』のエピソードから『あな番』に繋がる

藤井フミヤ全国ツアー『十音楽団』初日公演にて(画像は『藤井フミヤ OFFICIAL2019年7月6日付Twitter「十音楽団 無事開幕しました!」』のスクリーンショット)


藤井フミヤはデビュー35周年を記念して10人の演奏家で奏でる全国ツアー『十音楽団』を7月6日よりスタート、9日には都内でニューアルバム『フジイロック』のリリースイベントが開催された。その彼が9日放送の日本テレビ系バラエティ番組『火曜サプライズ2時間SP』でヒロミDAIGOと「成城学園アポなし旅!」のロケに挑んだ。

最後に入った韓国料理店ではリラックスして会話も進み、DAIGOが「これだという曲がまだない」と悩みを明かしたところ、藤井フミヤが「代表曲ね!ヒット曲って狙ってもダメ」と持論を話し出す。

彼の体験から、ヒット曲になるかどうかは「時の運」もあり「いくつもの小川のようなラッキーが集まって大河になる時があり、それがヒット曲になる」という。

すると藤井と仲の良いヒロミが「『白い雲のように』もそうでしょ?」と口を挟む。『進め!電波少年』のヒッチハイク企画で一躍人気となった有吉弘行森脇和成によるお笑いコンビ・猿岩石が1996年12月21日に発売したデビューシングル『白い雲のように』は作詞・作曲を藤井フミヤ藤井尚之兄弟が担当、秋元康のプロデュースによる楽曲だ。

藤井によると当時、秋元から「猿岩石って知ってるか?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.