くらし情報『メーガン妃の行動にウィンブルドン選手権関係者「悪夢だった」』

2019年7月12日 16:30

メーガン妃の行動にウィンブルドン選手権関係者「悪夢だった」

「彼女こそが“悪夢”」と大バッシングを浴びたメーガン妃(画像は『Wimbledon2019年7月4日付Instagram「Royalty on No.1 Court to watch the queen」』のスクリーンショット)


現地時間4日、親友セリーナ・ウィリアムズを応援するため「ウィンブルドン選手権」会場に姿を見せた英王室メーガン妃。カジュアルなファッションに身を包み、友人2人とメンバー専用席を陣取ったり、一般人に「写真撮影禁止」を強いていた妃の行動を関係者は「悪夢だった」と振り返っている。

黒のTシャツにブルーのスキニージーンズ、白のピンストライプブレザーというカジュアルなファッションで「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」に姿を現したメーガン妃。サングラスやフェドーラハットで暑さをしのいでいたが、ロイヤルメンバーでありながら由緒正しい「ウィンブルドン選手権」会場にジーンズ姿で現れた妃には不快感をあらわにする人も多かったもよう。

「ウィンブルドン選手権」の関係者は英紙『The Times』に対し、

「妃はジーンズをはかれていたので、ロイヤルボックスにお招きすることはできませんでした」

と明かしている。メーガン妃もこの日はロイヤルボックスに座るつもりはなく、親友セリーナ・ウィリアムズの勇姿を見守りたかっただけのようだが、「ウィンブルドン選手権」に30年通い続けているという人物は妃の座っていたメンバー専用席でもジーンズ着用はご法度なはずだと眉をひそめている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.