くらし情報『『ノーサイド・ゲーム』で“ラガール”演じる笹本玲奈、阿部純子に期待 松たか子の変貌にも注目』

2019年7月12日 19:51

『ノーサイド・ゲーム』で“ラガール”演じる笹本玲奈、阿部純子に期待 松たか子の変貌にも注目

『ノーサイド・ゲーム』ロケ現場で誕生日をお祝いされた笹本玲奈(画像は『笹本玲奈2019年7月10日付Instagram「#ノーサイドゲーム 第1話ご覧頂いた皆様、ありがとうござました。」』のスクリーンショット)


TBS系日曜劇場『ノーサイド・ゲーム』が7月7日より放送スタートした。大泉洋演じる主人公のトキワ自動車経営戦略室次長・君嶋隼人が常務の滝川桂一郎上川隆也)との確執により、本社から府中工場の総務部長に飛ばされる。その構図は前作『集団左遷!!』を彷彿とさせるが、大きな違いは君嶋がラグビーチーム・アストロズのゼネラルマネージャー(GM)を兼務するところにある。そして、主演の大泉洋を囲むラガーマンやラグビーに興味を持つ女性陣にも注目したい。

アストロズの主将・岸和田徹役を務める俳優・高橋光臣は学生時代にラグビーに打ち込んだ経歴を持つほか、部員役で元ラガーマンが多数出演している。なかでも第1話から新GMの君嶋隼人と反目するアストロズ選手・浜畑譲役の廣瀬俊朗(元ラグビー日本代表)の熱演が光った。

『NIKKEI Rugby』公式Twitterによると、『ノーサイド・ゲーム』を見たリーチ・マイケル主将は「俊(廣瀬俊朗)さんが良かった。いい演技。いろんなことが出来る人」「ラグビーを知らない人にも(知ってもらえるので)ありがたい」と話していたという。

またアストロズ選手・安西信彦役の齊藤祐也(元ラグビー日本代表)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.