くらし情報『指原莉乃『音楽の日』で「口パク」発言 中居正広は「マイクに電池が入ってなかった」とネタにできる余裕』

2019年7月13日 20:15

指原莉乃『音楽の日』で「口パク」発言 中居正広は「マイクに電池が入ってなかった」とネタにできる余裕

「どんだけ口パクしたことか」と指原莉乃


TBS系大型音楽特番『音楽の日2019』が7月13日午後2時から放送されるなか、今回の目玉企画の1つ「中島みゆきの名曲『時代』をビートたけしの指揮で14番組から60名超が大合唱」について参加予定番組のMCたちがそれぞれVTRで意気込みを語った。するとバラエティ番組『坂上&指原のつぶれない店』の現場でインタビューした時のことだ。指原莉乃のカミングアウトにさすがの坂上忍も動揺してしまう。

『時代』の合唱について坂上忍が「さっしーがプロなんで」と答えると、指原莉乃は苦笑しながら「もうやめてくださいプロじゃないですよ…」と小声で返す。さらに「私『音楽の日』でどんだけ口パクしたことか」とぶっちゃけるのでスタッフから爆笑が起きた。まさかの「口パク」発言に、坂上も慌てて「やめろ!」と話題を制したほどである。

そのVTRについて『音楽の日2019』の司会進行を務める中居正広は何も触れなかったが、実は同日の正午から放送された『中居正広のニュースな会』(テレビ朝日系)で彼がジャニー喜多川さんを偲ぶなか「マイクに電池が入ってなかった」というエピソードを明かしていた。

若い頃というからSMAP時代だろう、中居はよくステージでマイクをくるくる回すパフォーマンスをしていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.