くらし情報『ゆずの原点は“弾き語り” 黒木華や宮野真守が青春時代を思い出し「頑張るぞという気持ちになる」』

2019年7月14日 20:42

ゆずの原点は“弾き語り” 黒木華や宮野真守が青春時代を思い出し「頑張るぞという気持ちになる」

岩沢厚治と北川悠仁(画像は『ゆず北川悠仁2019年7月7日付Instagram「#ゆずドームライブ #ゆずのみ #拍手喝祭 #完走!!」』のスクリーンショット)


ゆずが挑戦した日本史上初“弾き語り”ドームツアー『ゆずのみ~拍手喝祭~』は5月11日の愛知・ナゴヤドームから始まり7月7日に福岡ヤフオク!ドームでファイナルを迎え、およそ2か月で全国4カ所8公演を完走した。会場にはドームツアー開催全日の5月10日にリリースした『SEIMEI』のジャケットビジュアルに登場する「YUZZDRASIL(ユズドラシル)」のオブジェがステージ中央にそびえ立つ。およそ30mに及ぶ逆さの大樹は、「生命の起源=ルーツ」である根っこが宙に浮き「さまざまな実=メッセージ」を実らせながら幾重の時代、日々をつないでいくというコンセプトとともに「ゆず」⇔「集まってくれた皆」の繋がりも表している。

前半は北川悠仁岩沢厚治がギターを抱えて「路上時代」さながらの弾き語りをメインに進行した。福岡のセミファイナル公演では3万人超の観客を左右で「ゆ」エリアと「ず」エリアに分けて、楽しく合唱する感覚は弾き語りならではのものだろう。

また4曲目で北川が「じゃあ夏の歌を」と切り出し「早くも?」と思わせながら、日替わり曲で『センチメンタル』さらに『ひだまり』を披露すれば、終盤に入ってからはいきなり「疲れたから皆で歌って」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.