くらし情報『ゆずの原点は“弾き語り” 黒木華や宮野真守が青春時代を思い出し「頑張るぞという気持ちになる」』

2019年7月14日 20:42

ゆずの原点は“弾き語り” 黒木華や宮野真守が青春時代を思い出し「頑張るぞという気持ちになる」

の体験をもとにした楽曲『終わりの歌』で「あなたがあの時、足を止めて僕らの歌を聴いてくれたことからすべてが始まった…」という内容である。北川の歌声も感極まったように聞こえたが、岩沢を見ると目に涙を浮かべていたようだ。

『ゆずのみ~拍手喝祭~』開催を発表した当初は、「弾き語りでドームツアーってできるのか?大勢の観客を長時間もたせられるのか?」などと評す声も聞かれた。

ふたを開ければのべ30万人が集まり、新しいファンも増えたことだろう。“弾き語り”だからこそ原点に戻ることも、これまでの経験をもとに工夫を凝らして華やかなステージに組み立てることもできる、ゆずの限りない可能性を再確認するドームツアーとなった。

ドームツアーファイナルからおよそ1週間となる7月13日、ゆずが北海道・いわみざわ公園で音楽フェス『JOIN ALIVE 2019』のステージに立っている頃、TBS系音楽特番『音楽の日2019』のなかで彼らが話題になった。

「青春の汗を思い出す歌」をテーマにインタビューを受けた女優・黒木華が、ゆずのメジャーデビュー曲『夏色』を挙げたのだ。学生時代に所属した演劇部で「先生にしごかれたり」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.