くらし情報『ゆずの原点は“弾き語り” 黒木華や宮野真守が青春時代を思い出し「頑張るぞという気持ちになる」』

2019年7月14日 20:42

ゆずの原点は“弾き語り” 黒木華や宮野真守が青春時代を思い出し「頑張るぞという気持ちになる」

「皆で真剣にぶつかりあってた」ことを振り返り「その時の蒸し暑さとかセミの声とか、学校が坂道の上だったので『この長い長い下り坂を』とか似てるなと思いながら、部活の皆と汗を流した青春を思い出す曲です」という。

さらに声優・俳優・歌手と活躍する宮野真守は「ゆずさんが路上から始め、やがて多くの人に愛されるようになったエピソードが大好きで『なんて夢があるんだ』と思い、父親にギターはないの?と聞いた」との趣旨で学生時代を振り返る。

父親が物置から見つけてきたギターはネックが反っていたが、それでも嬉しくてコードの練習を続け、最初に弾けるようになったのが『いつか』だった。「今でもこの曲を聞くと『僕も路上ライブに行くんだ…』と近くの公園にしか行けなかったこととか、若いエネルギーがあった時代に戻れて、まだまだ頑張るぞという気持ちになる」と話した。

折しも『ゆず北川悠仁』インスタで『JOIN ALIVE 2019』にゆずが出演したステージの動画をさわりだけ公開している。北川と岩沢による絶妙なコンビネーションの弾き語りは路上時代から衰えるどころかますますパワーアップしているようだ。この投稿をInstagramで見る
ゆず北川悠仁さん(@yujin_kitagawa)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.