くらし情報『キャサリン妃、ウィリアム王子とウィンブルドン観戦 夫妻のリンクコーデに称賛集まる』

2019年7月15日 17:25

キャサリン妃、ウィリアム王子とウィンブルドン観戦 夫妻のリンクコーデに称賛集まる

ロイヤルボックス最前列で観戦するキャサリン妃&ウィリアム王子(画像は『Kensington Palace2019年7月14日付Instagram「What an incredible, breathtaking Wimbledon final @djokernole and @rogerfederer!」』のスクリーンショット)


「ウィンブルドン選手権」最終日を迎えた現地時間14日、キャサリン妃ウィリアム王子とともに会場を訪れた。ライトブルーのドレスを夫のシャツの色とリンクさせた爽やかなファッションに身を包み、ロイヤルボックス最前列から男子シングルス決勝の行方を見守った。

現地時間14日、「オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ」のセンターコートにてセルビア出身のノバク・ジョコビッチ選手とスイス出身のロジャー・フェデラー選手による男子シングルス決勝が行われた。

前日には女子シングルス決勝が行われ、メーガン妃や妹のピッパ・ミドルトンさんとともにロイヤルボックスで試合を観戦したキャサリン妃、3年前に着用した「Dolce and Gabanna(ドルチェ&ガッバーナ)」のクラシカルなグリーンのドレスが好評だったが、最終日の現地時間14日には「Emilia Wickstead(エミリア・ウィックステッド)」の爽やかなライトブルーのドレスで登場、ウィリアム王子のシャツの色とリンクさせた上品で爽やかなコーディネートが称賛を集めた。

試合はウィンブルドンの決勝史上最長の4時間57分という激闘の末、ジョコビッチ選手がフェデラー選手を下し優勝、キャサリン妃は手に汗握る試合を終始祈るように見守っていた。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.