くらし情報『浅野忠信、参院選前に“白紙投票”ツイートで波紋呼ぶ 「白票は意味ないです」「SNSの使い方が天才的」』

2019年7月15日 20:25

浅野忠信、参院選前に“白紙投票”ツイートで波紋呼ぶ 「白票は意味ないです」「SNSの使い方が天才的」

浅野忠信「白紙でもいい」のつぶやきはあえて?


『第25回参議院議員通常選挙』投開票日が7月21日と近づく14日、俳優の浅野忠信が自身のTwitterで「投票は白紙でもいいんだって」とツイートして反響を呼んでいる。「白票投票は棄権とともに絶対にダメです!」、「浅野さ~ん、どうしました?」といった声も多く炎上状態になっているが、彼の真意はどこにあるのだろうか。

「どこに入れても変わらない」「投票したい政党がない」という理由から投票せず棄権するよりは、白票を投じて「投票したい立候補者がいないという意思表示をしよう」と呼びかけるサイトが話題になったのは2014年のことだ。今でも「白票」についてそうした主張を耳にすることが少なくない。浅野忠信はそれに対して「白紙でもいいんだって」とつぶやいたのではないだろうか。

寄せられたコメントには「白紙は与党の信任票なので、そのつもりでないならばダメです」、「白票は安倍自民党政権に白紙委任すること。やりたい放題どうぞって意味だからね」、「せっかく投票するなら有効な名前を書いてくださいね。ご自身の時間の無駄ですから。白紙は与党への投票と同じ意味を持つので、与党支持ならそれであってます!」という解釈も見受けられる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.