くらし情報『中澤裕子、モー娘。時代は「自分に言ってやりたいくらい勘違いしてた」』

2019年7月16日 12:43

中澤裕子、モー娘。時代は「自分に言ってやりたいくらい勘違いしてた」

と呼ばれて親しまれ、コメントは的確でスタッフへの気遣いもある「優しい」キャラに変貌を遂げていた。

『梅ズバ』スタッフがモー娘。時代について聞くと、中澤は「昔はバカみたいにとがってて、『何とがってんの?』と当時の私に言ってやりたいぐらいの勘違いぶりでしたね。この年でこの環境にならなかったら気が付かなかったかも」「昔の映像を見たら顔が怖い。昔は皆に我慢をしてもらっていたような気がします『本当にごめんね』っていう感じ」と申し訳なさそうにしていた。

彼女は6月19日で46歳になったが、一足早く6月9日に福岡で『中澤裕子バースデーライブ2019~よーきんしゃったね!~』を開催しておりその映像も紹介された。

ソロステージで『恋愛レボリューション21』、『ハッピーサマーウェディング』、『LOVEマシーン』などモーニング娘。のヒット曲を6曲ノリノリで歌い踊る姿に、矢口真里たちは「裕ちゃん踊っちゃってる!」「1人で踊ってんだ!」「いいね~」と笑顔で見入った。

ライブ会場には全国からファン160人が集まり、ファン歴17年の男性は「神様ですね。拝みに来てるようなもの」、ファン歴20年の女性は「丸くなった、優しくなったなって思う」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.