くらし情報『松本潤は「情熱と志と無念を切実に訴えかけてくれる」 『永遠のニシパ』で大石静が絶賛』

2019年7月16日 15:25

松本潤は「情熱と志と無念を切実に訴えかけてくれる」 『永遠のニシパ』で大石静が絶賛

アイヌの女性・リセを演じた深田恭子に「最初は誰かわからなかった」の声も


NHK札幌放送局の制作による北海道150年記念ドラマ『永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~』が7月15日、NHK総合で放送された。主人公となる武士で探検家の松浦武四郎役を松本潤が務めることから注目を集めていたが、娯楽性のない内容の濃い歴史ドラマにあって迫真の演技は予想を上回る素晴らしいものだった。視聴者からはドラマの感想とともに「長編で観たい」、「大河ドラマにしてほしい」といった声があがっている。

『永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~』の告知では「幕末の蝦夷(えぞ)地を調査し『北海道』と命名した松浦武四郎の知られざる格闘の人生を描き出します」とあり、それ以上の予備知識なしで「松本潤が出るのならば」と観た人はある意味衝撃を受けたのではないか。

江戸幕末期と言えば坂本龍馬西郷隆盛桂小五郎などによる「薩長同盟」や新撰組を取り上げる作品が多いなか、本作は蝦夷地におけるアイヌ人の弾圧に焦点を当てていたからだ。

ヒロインとなるアイヌの女性・リセ役を深田恭子が演じたが、ほとんど笑顔を見せない陰のあるキャラクターで彼女の意外な一面を覗かせた。ちょうどフジテレビ系木曜劇場『ルパンの娘』が7月11日からスタートしており、ヒロイン・三雲華役との温度差を演じ分けるのだから流石だろう。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.