くらし情報『『偽装不倫』丈役の宮沢氷魚に原作者・東村アキコも太鼓判 「塩顔イケメン令和代表!!」』

2019年7月21日 12:14

『偽装不倫』丈役の宮沢氷魚に原作者・東村アキコも太鼓判 「塩顔イケメン令和代表!!」

カメラマン・伴野丈を演じる宮沢氷魚(画像は『宮沢氷魚2019年7月11日付Instagram「#偽装不倫 #博多」』のスクリーンショット)


女優・杏のおよそ4年ぶりの主演ドラマとして話題を集めている『偽装不倫』(日本テレビ系)。放送開始から高視聴率を記録している同作で、彼女のコミカルかつリアリティある演技と共に注目されているのが相手役を務める俳優・宮沢氷魚のイケメンぶりだ。スタイル抜群の杏と並んでも違和感のないスラっとしたルックスと優しい声、そしてミステリアスな雰囲気に視聴者はもちろん、原作者の東村アキコも“次世代のイケメン”として太鼓判を捺している。

宮沢氷魚が演じているカメラマン・伴野丈は、杏演じる“独身アラサー女子”濱鐘子が思わずついてしまった“既婚者”という嘘を信じ「不倫しましょう」と持ち掛ける25歳の年下男子だ。彼自身もどこか隠し事を抱える謎めいたキャラクターではあるものの、穏やかな口調ながらも鐘子にストレートに思いをぶつける男らしい一面もあり、早速多くの視聴者をときめかせているもよう。放送開始以降フォロワー数が10万人を超えた宮沢のInstagramでは、ひとたび彼が撮影の様子を投稿すれば「最高」「恋してます」と熱い声援が飛び交う事態になっている。

17日に放送された第2話では、東京で再び顔を合わせ楽しいひとときを過ごす鐘子と丈、しかし最後には指輪を受け取り逃げるように去ってしまう鐘子を切なげな表情で見つめる丈の姿が描かれ、「年甲斐もなくキュンキュンしてしまう」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.