くらし情報『映画実写版『キャッツ』予告編に「不気味」「トラウマになりそう」 酷評相次ぐ』

2019年7月21日 16:20

映画実写版『キャッツ』予告編に「不気味」「トラウマになりそう」 酷評相次ぐ

「私は猫になったの」とテイラー・スウィフト(画像は『Taylor Swift2019年7月18日付Instagram「I am a cat now and somehow that was everything」』のスクリーンショット)


全米で12月に公開が予定されているミュージカル『キャッツ』の実写版。歌姫テイラー・スウィフトが出演することで注目を集めていたが、ひとたびトレーラー(予告編)が公開されると、CGを駆使した奇妙な“猫人間”が「不気味すぎる」「トラウマになりそう」と酷評を浴びている。

1981年にロンドンで初演、その翌年にブロードウェイでの上演が開始されて以来、15もの言語に訳され世界で上演され続ける人気ミュージカル『キャッツ』。昨年には劇団四季が上演35周年記念を迎え、今年3月には通算公演回数が1万回に達成するなど日本でも長く親しまれてきたミュージカルだ。

そんなミュージカル『キャッツ』が、米出身の歌姫テイラー・スウィフトアカデミー賞助演女優賞の受賞歴を持つ実力派のジェニファー・ハドソン、英出身の人気コメディアン、ジェームズ・コーデン、俳優イドリス・エルバ、大御所女優のジュディ・デンチら錚々たるキャストにより映画実写版となって今年12月に米国で公開される。

“半人半猫”の出演者や“グリザベラ”に扮したジェニファー・ハドソンが歌う『メモリー』にファンらは大きな期待を寄せていたが、現地時間18日にそのトレーラー(予告編)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.