くらし情報『ベッカム家の長男ブルックリン、1日に2度の駐車違反 写真家としての将来も暗雲か』

2019年7月22日 16:15

ベッカム家の長男ブルックリン、1日に2度の駐車違反 写真家としての将来も暗雲か

駐車違反の現場を2度もパパラッチに撮られてしまったブルックリン(画像は『bb2018年5月16日付Instagram』のスクリーンショット)


デヴィッド&ヴィクトリア・ベッカムの長男ブルックリン(20)が、ロンドン市内で1日のうちに2度も駐車違反の切符を切られてしまったようだ。英各紙が伝えている。

サッカー界の貴公子デヴィッド・ベッカム(44)を父に、一世を風靡した英人気ガールポップグループ「スパイス・ガールズ」の“ポッシュ・スパイス”ことヴィクトリア・ベッカム(45)を母に、超セレブ夫妻の長男として生まれたブルックリン・ベッカム。

彼は現在、有名肖像&ファッションフォトグラファーであるジョン・ランキン・ワッデル氏のウェストロンドンにあるスタジオでインターンとして働いている。現地時間19日もこのスタジオに足を運んだブルックリンだったが、この日は2度も駐車違反の切符を切られてしまったようだ。さらに運の悪いことに、2度ともその現場をパパラッチにしっかりとキャッチされてしまった。

1度目の駐車違反は午前10時過ぎ。ブルックリンは、ダブル・イエロー・ラインと呼ばれる黄色の2本線が引かれた駐車禁止エリアに堂々と愛車ランドローバー「ディフェンダー」を駐めていたもよう。職場から愛車に向かったブルックリンがフロントガラスに貼られた黄色い紙を見つめる姿は『The Sun』『Metro』など英各紙に掲載されている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.