くらし情報『侍ジャパン稲葉篤紀監督、『プレミア12』で「東京五輪に弾みをつけていきたい」』

2019年7月23日 19:20

侍ジャパン稲葉篤紀監督、『プレミア12』で「東京五輪に弾みをつけていきたい」

侍ジャパンで指揮をとる稲葉篤紀監督


日本の野球代表チーム「ジャパン」の稲葉篤紀監督が22日、11月5日に開幕する『第2回 WBSCプレミア12』の記者会見に出席した。会場ではシルバー製の優勝トロフィーが初公開されたが、これを目の当たりにした稲葉監督は「最高の準備をして熱い戦いをして優勝に突き進み、東京五輪に弾みをつけていきたい」と闘志を燃やしている。

『WBSCプレミア12』は世界野球ソフトボール連盟(WBSC)により4年に1度開催される野球の国際大会で、第1回大会は2015年11月8日から台湾と日本で開催された。22日に都内ホテルで開かれた記者会見では、同大会の日程の発表や優勝トロフィーのお披露目があった。今大会には世界ランキング上位12か国が参加するが、東京五輪の出場予選も兼ねており熱戦が予想される。

4年前の第1回大会では惜しくも3位にとどまったジャパン。会見に出席した稲葉篤紀監督は「初めて優勝トロフィーを目にし、監督として初参加ということもあって、今たいへん身の引き締まる思いをしています。後悔のないよう最高の準備をして熱い戦いをして優勝に突き進み、東京五輪に弾みをつけていきたい」と抱負を語り、「選手を試す段階は終わったと思っている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.