くらし情報『カンニング竹山、タレント養成校に子供を通わせる親に苦言「卒業したら必ず芸人になれるわけではない」』

2019年7月25日 19:54

カンニング竹山、タレント養成校に子供を通わせる親に苦言「卒業したら必ず芸人になれるわけではない」

タレント養成校・芸能スクールの実情を明かしたカンニング竹山


『直撃LIVE グッディ!』(フジテレビ系)で水曜コメンテーターを務めるカンニング竹山。彼が同番組の24日放送で、現在は多くの芸人がタレント養成校や芸能スクール出身であると説明したうえで「卒業すれば自動的に芸人やタレントになれる」と勘違いしてトラブルになったケースがあると明かした。

カンニング竹山が所属するサンミュージックにも運営するタレント養成校があり、“お笑いコース”も用意されている。人気お笑いタレントが多く在籍しているワタナベエンターテインメント、太田プロダクションも同様だ。特にワタナベエンターテインメントは現在ピンで活躍する女性芸人の多くがスクール出身で、イモトアヤコやバービー(フォーリンラブ)、平野ノラ、ブルゾンちえみなど錚々たる顔ぶれである。

だが多くのタレント養成校では、卒業しても全員が運営するプロダクションの所属にはなれない。在学中に才能を認められた者だけが選ばれる厳しい世界であることは、入学前に説明されていることだろう。しかし中には「卒業したのになぜプロダクションに入れないのか、芸人になれないのか」と怒鳴り込んでくる生徒の親がいると、竹山は苦笑いする。

一方でNSC(吉本総合芸能学院)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.