くらし情報『“74回目の終戦記念日”に松阪ゆうき「平和な世だからこそ歌う事が出来る」 取り上げるメディアが少ないと懸念する声も』

2019年8月18日 15:00

“74回目の終戦記念日”に松阪ゆうき「平和な世だからこそ歌う事が出来る」 取り上げるメディアが少ないと懸念する声も

ピアノの前に座る松阪ゆうき(画像は『松阪ゆうき2019年8月9日付オフィシャルブログ「さてさてこの後、深夜?朝方?」』のスクリーンショット)


終戦記念日である8月15日、政府主催の全国戦没者追悼式が日本武道館で行われた。天皇皇后両陛下や安倍晋三首相に全国の遺族など約7000人が参列し、正午から1分間の黙とうを捧げた。全国各地でもサイレンの合図とともに黙とうしたというツイートが見受けられる。そんななか演歌歌手の松阪ゆうきが、ブログで「今日は、終戦から74回目の終戦記念日です」と綴っている。

「先人の皆様のおかげで今の日本の礎となり、平和な日本が続いていることに感謝し、またこうして平和な世だからこそ、歌う事が出来る事に感謝する一日だとも毎年思うのであります」と松阪ゆうき

彼の父方の祖父は太平洋戦争で飛行機に乗って戦地に向かったが、生きて戻った。すでに亡くなったが、生前は「腕に今も弾が埋まったまま」だとその腕を見せてくれたそうだ。その祖父が「医師になる事を志していながら、戦争で夢叶わず漁師になった」という話を聞いたことがあるという。

また、母方の祖父は「焼夷弾が島に落ち、壕に避難したことを思い出す」とその島に行くと指さしながら話してくれたという。そのような体験を祖父たちから聞くことができた松阪ゆうきは「戦争は、無残にも一瞬にして、そんな人の命を奪ってしまうのです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.