くらし情報『フット岩尾、ENGEI終え「急いで帰ってきました」 本当に後藤を置き“つくしちゃん”のもとへ』

2019年8月18日 19:50

フット岩尾、ENGEI終え「急いで帰ってきました」 本当に後藤を置き“つくしちゃん”のもとへ

フットボールアワー(岩尾望、後藤輝基)「生放送」ならではの漫才だった!?


17日放送の『ENGEIグランドスラム LIVE』(フジテレビ系)に出演したフットボールアワー岩尾望が、出番を終えたとたん愛犬が待つ自宅に速攻で帰っていたことが分かった。相方を置き去りにして「早く帰宅したい」とものすごい勢いで舞台からはけて行ったが、漫才のネタではなく本心だったらしい。

この日の『ENGEIグランドスラム LIVE』でトップバッターを務めたのは、同番組初出演となるキングコングの2人だった。ツイッターでは「久しぶりにキングコングの漫才を見た!」という声が多数見受けられたが、17日の『西野亮廣ブログ』によると「絵本作家をしたり、YouTuberをしたり、血迷った活動を繰り返しているウチのコンビですが、デビュー当時から一貫して続けているのが『漫才』で、今でも月に30ステージは漫才をしています」とのこと。劇場へ足を運べないキンコンファンは「久しぶりのキングコングのスピード感ある漫才、おもしろかった」「生では観に行けないから、テレビで見られて楽しかった」と大喜びだったようである。

一方で『ENGEIグランドスラム』の出演は2018年9月放送分から3回連続となるフットボールアワーは、劇場の舞台にコンビで立つ機会も最近はめっきり減っており、同番組への出演を心待ちにしているフットファンが非常に多い。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.