くらし情報『SMAPでチャリTシャツのカラーが増えた 『24時間テレビ』の歴史に東野幸治「覚えてるよ『0524』」』

2019年8月22日 15:20

SMAPでチャリTシャツのカラーが増えた 『24時間テレビ』の歴史に東野幸治「覚えてるよ『0524』」

2005年にチャリTシャツをプロデュースした香取慎吾


『24時間テレビ42愛は地球を救う』(8月24日~25日)を前に、21日放送の日本テレビ系トークバラエティ番組『1周回って知らない話』に櫻井翔羽鳥慎一がゲスト出演した。『24時間テレビ』のメインパーソナリティーと総合司会でおなじみの顔ぶれだ。今年で嵐がメインパーソナリティーを務めるのは5回目、櫻井翔はソロを含めると6回目で最多となる。その櫻井が『24時間テレビ』について聞きたいことがあるという。

櫻井翔が『24時間テレビ』チャリTシャツについて「そもそもなんで黄色なの?」、「芸能人で初めてデザインしたのは誰?」と投げかけたことから、番組ではチャリTシャツの歴史を振り返った。

1978年にはじまった『24時間テレビ』から出演者やスタッフは黄色のチャリTシャツを着用した。『24時間テレビ』の企画を立ち上げたプロデューサー都築忠彦氏(83)は「一番目立つ色にしたかったからです」という。

スタートした頃は今よりも屋外での企画が多く、しかも第1回目などは表参道のチャリティーパレードに募金をしようと数万人が集まって、警察が交通整理を行ったほどだ。当時は黄色の私服を着ている人がいなかったので、人だかりのなかにいても黄色いTシャツを着ていればすぐに『24時間テレビ』の関係者だと分かったのである。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.