くらし情報『マツコ「ドラマにするべき!」小説みたいな実話に興奮も、さんまとのトークで思わぬ展開に』

2019年8月24日 15:21

マツコ「ドラマにするべき!」小説みたいな実話に興奮も、さんまとのトークで思わぬ展開に

恐怖のエピソードを笑いに変えてしまうさんまと、上手くアシストするマツコ


マツコの知らない世界』(TBS系)や『マツコ会議』(日本テレビ系)、『マツコ&有吉 かりそめ天国』(テレビ朝日系)など各局のバラエティ番組でMCを務め大活躍のマツコ・デラックスだが、一方で明石家さんまがMCを務める『ホンマでっか!?TV』(フジテレビ系)ではひな壇レギュラーとして重要な役割を果たしている。8月21日放送の『ホンマでっか!?TV』で特集した「真夏に背筋も凍る 男と女の事件簿2019」では、想像を超えたエピソードに加えさんまとマツコのトークによる相乗効果で思わぬ盛り上がりとなった。

犯罪・防犯評論家で登場した小川泰平さんは犯罪ジャーナリストとして活動しており、元警察官で神奈川県警本部捜査三課や国際捜査課などで500回以上の受賞歴を持つ。その小川さんが「元カレのキャッシュカードを勝手に使い、数百万円を引き出す女性が怖い」というエピソードを話した。あるプロスポーツ選手が遠征している際に別れた女性が合鍵を使って部屋に侵入、カードを盗んで現金を引き出したという事件だ。

1億円を稼ぐ選手なので通帳を記帳せず、なかなか気づかなかったという。それに明石家さんまが「ああ、野球だ!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.