くらし情報『現役漫才師・内海桂子“96歳”足の衰えを実感も「とにかくやるっきゃないか」に反響』

2019年8月25日 12:50

現役漫才師・内海桂子“96歳”足の衰えを実感も「とにかくやるっきゃないか」に反響

塙宣之、篠山紀信、内海桂子、土屋伸之(画像は『ナイツ塙宣之2014年11月24日付オフィシャルブログ「貴重なショット」』のスクリーンショット)


お笑いコンビ・ナイツの師匠としても知られる漫才協会名誉会長の内海桂子は、1922年(大正11年)9月12日生まれの96歳ながら今でも浅草・東洋館で舞台に立つバリバリの現役だ。自身のTwitterをマネージャーでもある夫の協力によって毎日のように更新しており、自らの言葉によるつぶやきから元気で活発に過ごす日々がうかがわれる。ところが8月23日のツイートで足の衰えを明かしたところ、フォロワーからは心配の声が寄せられた。

内海桂子(utumikeiko)ツイッター』のプロフィールによると「体の右側はゲタ骨折、大腿骨折、右乳がん、右手首骨折、右目緑内障と大体やられています。でも舞台で踊りもしています」というから、気力体力の強さは計り知れない。

お盆明けの8月17日には「出かける時に一寸よろめいて亭主が私の腕を掴んだらベローンと表皮が剥がれてしまった」というが、応急手当をして舞台に立ってから病院に向かっている。翌日には「私だってまさか自分の肌がこんなになるなんてとても信じられない。原因は色々ありそうだが97歳になると何でも起こるということで話は終わりそう。あまり痛くないのが不幸中の幸い」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.