くらし情報『デーブ・スペクター 『24時間テレビ』の“スペシャルサポーター”は「ギャラもらってるなら“スポークスマン”」』

2019年8月25日 11:02

デーブ・スペクター 『24時間テレビ』の“スペシャルサポーター”は「ギャラもらってるなら“スポークスマン”」

「“スペシャル”と言うのも変」とデーブ・スペクター


放送プロデューサーなどとして活躍するデーブ・スペクター氏の『24時間テレビ』に関するツイートが大きな反響を呼んでいる。「英語が苦手」と言う彼は、頻繁に耳にする“スペシャルサポーター”の意味がよく分からないという。

令和初の日本テレビ系『24時間テレビ』の会場は、番組史上初めて東京・両国国技館で行われている。メインパーソナリティーは6年ぶり、史上最多5回目の嵐が起用された。今回の『24時間テレビ42』チャリティーマラソンは異例の駅伝方式で、いとうあさこ、ガンバレルーヤ・よしこ、ハリセンボン近藤春菜の3名はすでに発表されていたが、残る4人目のランナーについては24日同番組にて明らかになった。1区は近藤、2区はよしこ、そして3区は日本テレビの水卜麻美アナ、アンカーの4区は最年長のいとうが走る。このチャリティーマラソンのスターターとしてサプライズ登場した加藤浩次は、『スッキリ』MCとして「水卜ちゃんも春菜も、もうゆっくり休んでいいから月曜日。その代わり、本気で頑張って!」と同番組でMCを担当する2人を優しく励ましていた。

こうして例年通り賑やかにスタートした『24時間テレビ』に対し、強烈な皮肉を放ったのがデーブ・スペクター氏である。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.