くらし情報『小栗旬主演『人間失格』を鑑賞したホリエモン 愛人役・二階堂ふみに「引きずり込まれそうな恐怖を感じた」』

2019年9月12日 12:50

小栗旬主演『人間失格』を鑑賞したホリエモン 愛人役・二階堂ふみに「引きずり込まれそうな恐怖を感じた」

ホリエモンが演技に「引き込まれた」二階堂ふみ


新作映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』(9月13日公開)は小説家・太宰治の代表作『人間失格』を実写化したものではなく、事実をもとに太宰自身と彼を愛した3人の女性の目線から「遺作」が生まれる背景を描いたフィクション作品である。7月25日には都内でジャパンプレミアが行われ、蜷川実花監督やキャストの小栗旬沢尻エリカ二階堂ふみ成田凌が出席した。“ホリエモン”こと堀江貴文氏が9月11日、その『人間失格 太宰治と3人の女たち』について感想をつぶやいている。

登場する太宰治の妻・津島美知子、愛人の一人・太田静子、もう一人の愛人・山崎富栄は実在した女性である。太宰を献身的に支える正妻・津島美知子役を宮沢りえ、愛人であり弟子でもある太田静子役を沢尻エリカ、太宰にとって最後の女となる山崎富栄役を二階堂ふみが演じることも話題となった。

山崎富栄は晩年の太宰と過ごし看護や執筆活動の介助を続け、最期は太宰と共に入水自殺を遂げた女性である。

二階堂ふみは映画『人間失格 太宰治と3人の女たち』公式インスタに1月22日、「とうとうこの作品に出会ってしまいました。美しく儚い、そんな夢を見ていたような現場でした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.